私の角栓対策奮闘記84

ニキビは治る

私は高校生の頃からニキビが出来やすく、大きくて赤く、地割れしたニキビが出来やすかったです。

その後、パンパンに腫れ上がった膿が出来て割れて治るというニキビばかりで、それはそれは目立つし痛いしで最悪でした。

そんな痛みも伴うし見栄え的にも良くないニキビが出来てしまった時は、皮膚科に行って漢方と塗り薬のダラシン・ディフィニンゲルを処方してもらいました。

漢方は時間は多少かかりますが、きちんと飲んでいればしっかり綺麗に治ります。

塗り薬も夜寝る前に付けるだけで、翌朝赤みが引いていました。

私は、市販の薬を使うよりもきちんと皮膚科に行って、自分の肌に合った処方箋を出してもらうことが一番だと思います。

あとは甘いものの摂取を控えること。

これはかなり大きいです。

ちゃんとした対処をすればニキビは絶対に治ります。

焦らず気長にがんばりましょう。

おすすめのニキビケア用品

ニキビケア用の化粧水や、洗顔料など使っていましたが、目に見える効果はなく、ニキビ肌に非常に困っていました。その後皮膚科で薬を処方してもらっていたのですが、あまり薬に頼るのもよくないということで、AHAというフルーツ酸を使用した石鹸を紹介されました。ピーリング効果のある石鹸ということで、肌の生まれ変わりを促進する効果があり、いままで使っていたものの中では一番効果がありました。あとは、わたしの場合、硫黄系の温泉に入ったり、硫黄系の化粧品を使うのが一番効果があったように思います。

ニキビの若い頃のスキンケア対策と今のスキンケア対策。

自分が若い時は成長期のニキビだったので色々なスキンケアを実践しました。学生でお金も無かったので高いものは使わ無かったです。色々試した結果最終的にクレアラシルシリーズ使っていました。とにかく洗顔が大切と聞いていたので念入りに時間かけてやっていました。すすぎが重要で最初は温いお湯を使い最後は冷たい水でシメテいました。出来てしまったニキビは肌色のクレアラシルを塗ってなんとなく隠していました。ビフナイトは寝るとき枕に付かないか気になり眠れなくなるので余り使いませんでした。今、大人ニキビが出来たらもっぱらオロナインを使います。医薬品なのでいつも常備してあるので使い易いです。大人ニキビは乾燥が原因らしいので保湿の高い化粧水などを使い乾燥に常に気を付ける様にしてます。

気付いたら早めにケアする

ニキビができそうなしこりや赤みに気づいてしまった時は、ハトムギ化粧水や美顔水などのニキビケア用の化粧水をたっぷり含ませたコットンパックを朝晩します。

それで治りそうな時は、そのまま痕にならないようにニキビが引いてくれるのを待ちます。

ニキビができてしまった時は、悪化する前にコットンパックをした後、テラコートリルという抗生剤を薄く塗ります。

だいたい、早めに対処すればすぐにニキビは引いてくれるので、毎回このケアで対策しています。

ただ、悪化しすぎると治っても少し痕やシミが出来てしまうので、それが悩みです。